×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

服装第一主義

2017/04

4/17 1億〜4億程のゴミ


僕は今年からまた実家で暮らしはじめたんですけど、なんか知らないうちに家庭内のルールがガチガチに固まりまくっていて、かなり苦しんでいる。

そのひとつがゴミ捨て。
なんか知らんけど、マンションの下に大きめのゴミスペースみたいのがあって「住民はいつでも捨てて良いですよー」みたいな雰囲気となっているわけなんだが、 母親はなにをはき違えたのかマジでゴミを毎日捨てるのよ、というかそれ以上、一日2回ゴミを捨てる。

そんなに捨てる物もないっていうのに、朝出かけるときベジータのパワーボールくらいのサイズのちっちゃなゴミ袋をもってって、 そして夜にまたしてもベジータの攻撃を受けてだいぶ減ってしまった元気玉サイズのゴミを、別に託された訳でもないのに後生大事に抱えて捨てにいくわけ。


いや、ふざけんなと


いつでもゴミ捨てていいってそういうことする為のルールではないハズよ。
どうしても朝起きられない、特に月曜と木曜はなんでか知らんが絶対に起きられない。かといって夜に出すとどっかのやべぇババアが漁りにくるからもう永久にゴミは出せませーんみたいな非の打ち所のない好青年とか、 年末年始、持ち前の計画性のなさ故、ゴミが自爆前のセルみたいに溜まってるのに「三が日はゴミを回収しません」とかいう無慈悲な宣告を受けて「わ、わりぃ、ここしかなかったんだ・・・」と小分けにしたゴミをちまちまコンビニに持って行く爽やかな独身サラリーマン(趣味はスカッシュ)とかを悲劇から救うために作られたのがこのルールじゃあないのかよ。 それをバカみたいに毎日毎日ゴミ出しやがって・・・

こういうルールの綻びを突くやつがいるから、性善説に基づいた決まりを踏みにじっていくやつがいるから、この世界が生きづらくなってんじゃないのか、くそ




ていうかさ




ある程度ゴミがたまってないとオナニーしづらいんだよ!!わかれよ!!おい!!!!!!

いや、いいのよ?別に、あの生肉とか入れるスーパーで無限にもらえる袋にティッシュ入れて、抜き次第ゴミ捨て場にほおりにいっても。綺麗に透き通った儚げな強度のポリ袋に生命の塊を内包したティッシュをギッチギチに詰め込んでさ、その都度ゴミ捨て場まで持って行っても。うん、わかる。その方がどう考えてもクリーンだよね。でもな、 てめーゴミ収集する人の気持ちちょっとは考えろよ!嫌だろ!そんな明らかなやつがゴミの中に混じってたら!!「じゃあそうとはわからない位の大きさになるまで溜めておけば?」ってもっと嫌だろうが!!!なんだよバスケットボール大のオナティッシュがパンパンに詰まったゴミ袋って、ほんとに元気玉じゃねーか。うるせえな。 それに何らかのミスでその元気玉に乾電池とかを一緒に入れちゃったとするじゃん?したらゴミの不分別絶対許さないマシーンこと自治厨のババア(コーギーを飼ってる)が袋開けて「クンクン、このDNAは2階の山下さんのお宅ね」って特定すんだろが!そんで袋に「オナティッシュは資源ゴミです」って張り紙されるだろ!少しは考えろイカレポンチ




はあ、




もう辛抱溜まらんから明日からゴミ捨て当番やることにしたわ、マジでキレた。
お袋は家でゆっくり休んどけっつーの、カス。



4/5 就職戦線異状アリマンモス

拝啓

時下、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

私事で大変恐縮なのですが、最近映画にハマっておりまして、最近でいうとララランドなんていう大変ハイソサエティな映画からプリキュアや仮面ライダーといった娯楽作品まで幅広く嗜んでいるのですが、 先日、本当に、本当に些細な理由から最も近場にある映画館を利用できなくなってしまいましてね、最近ではもっぱらバイクで一時間ほどの距離にある映画館をメインフィールドとしております。 このことからも私が忍耐強く、いかなる困難をも乗り越えていく力のある人物であることが容易に読み取れると思うのですが、その新たなメインフィールドに選ばれた映画館でこのようなことを言われまして。

「ポイントカードを作れば6回に1回映画が無料ですよ」と。

あれれれ、おかしいな。思うにボク、ここでもう2回くらい映画見てるはずだけど、いま言う?それ?と これには普段温厚な私も思わず拳を硬く硬く握りしめてしまったのですが「いや、待て。この店員さんにもなにか事情があるはずだ」と思いとどまりました。この事実からも私の思慮深さが感じ取れると思うので一つ参考にしていただきたいのですが、 握りしめた拳をほどきながら、なぜ私はいまだにこの映画館のポイントカードを持っていないのか、と考えたところ、思い出しました。ちなみにここまでわずか0.3秒の出来事でございます。 ああそうだ、「毎回ポイントカードはどうですか」と勧められてはいたものの「ケッ、いまどきTカードかポンタカードに統一されてないって遅れてるぜ」との思いから即座に断っていたからなのです。私、常にビジネスの未来を見据えています故に。

ええ、まさかこの私が判断ミスを犯すなんて。なんて馬鹿なのかと、自分でもそう思います。すぐに反省出来る、素直で好感の持てる若者ですね。 しかし大切なのはこれから、間違った後にどう挽回するのか。冷静に考えてみましょう、ポイントカードを作ると「映画が6回に1回無料」「毎週金曜日は1000円」「他の曜日でも300円引き」しかし「年会費500円」、そうですたった2回映画を観るだけで元が取れます。 つまり私にはポイントカードを作る以外の選択肢はない、ということがわかります。ちなみにこの計算もたったの0.8秒で行われました。

物事のメリット・デメリットを判断する能力に長けている私はすぐさまカードを作り、真ん中の段の通路側の席を選択、そのまま上映開始時間の10分後にシアターへと向かいました。 このエピソードからも私が合理的な判断力を有していることがわかりますね?(上映中にトイレに行きたくなったときのことやCMが流れている時間を計算に入れているから)

それと余談ですが、デジモンtriシリーズは今のところアレでございます。

ぜひ、ご面談の機会をいただければ幸いでございます。
何卒よろしくお願い致します。


                               敬具



http://radiomountain.at-ninja.jp/