服装第一主義

今日のプロテイン

水テイン



正直に言おう、マズい。
これをこの先飲み続けていくことはできない。そう確信するのに時間はかからなかった。
だけどどこかで食べたことのある味だ、なんだろう・・・

そうか

切り餅だ。焼いてない切り餅を食べたときの味なんだ。
中学の家庭科の授業でお好み焼きを作るってときに同じ班の藤原君がすげえ旨そうに生切り餅食べてたけど、元気してるかなぁ・・・

美味しさ:☆☆

お湯テイン



スプーン2杯のプロテインにお湯を注ぐフワッと立ち上る餅臭
「またダメかっ・・・」
そう脳裏によぎったが口に入れてみると思ったよりも餅じゃない、というか無味。無味餅臭だ。
どうやらお湯の熱さでプロテインの餅味が消されているようだ。餅味が持ち味、上手いこと言えた。

美味しさ:☆☆☆

牛乳テイン



美味いッ!これだよこれ!やっぱり説明書に書かれてるやり方は間違いないって感じ。
もちろん牛乳のパワーにプロテインの餅味が消されたってのもあるんだけど、きな粉と牛乳を合わせて飲んだときのあの感じ、わかるかな。一言でいえば相乗効果ってやつだね。
ちょっと今までと比べ物にならないくらい美味しかったというか、今までが飲めたもんじゃなかったので最初は5段階のつもりだった評価を10段階評価に変えようと思いました。
それくらい美味しかった。マジ(本気)


美味しさ:☆☆☆☆☆☆☆☆

牛乳テイン・コスギ



牛乳の実力を高く評価し通常ならばスプーン2杯のところを大サービスで6杯投入。
実際に見ると色もかなり違うのに写真だと全く伝わらないのが辛いところ。 見た目は牛乳というよりシルト(砂より小さく粘土より粗い砕屑物)の溶けた泥水といった印象。
完全に飽和しきっていて粉感が酷く全然喉を通って行かない。
ときどき溶けきらずダマになったプロテインの塊が口に飛び込んでくるのがたまらなく不快なので 前歯をフィルターにすることによりかろうじて飲み干せた。
眩暈がする。

美味しさ:☆☆

カフェ・オ・テイン



写真から見て分かるように全く溶けていない。
だが、ここへきてようやく写真を撮った意味があったように思える。
だっていままでの写真ほぼ同じだもんね。
肝心の味はというとコーヒーのパンチのおかげか意外なほど飲みやすい仕上がり。 往年の藤井フミヤよろしく「コーヒーのためにある」とかいいながら彼女とイチャイチャしたくなってしまったが、 僕は藤井フミヤでもないし彼女もいなければプロテインは筋肉のためのものだという事実を再確認する結果になってしまったことをここに報告する。

美味しさ:☆☆☆☆☆

お味噌テイン



味噌汁にプロテインの白が混ざったことで郷土料理的ビジュアルになったが、写真には写っていない。完全なるミス。 味は完全なる味噌汁。後味に「ちょっと粉かな」感はあるが煮干しでダシを取った時よりも粉感は少ない。 五臓六腑に染み渡り、血沸き肉躍る、そんな味噌汁ができたんじゃないだろうか。
これでいいなら毎日飲むよ。

美味しさ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お米テイン



味噌汁がイケるなら白米も。
そう思ったのが運のツキ。そしてこれも写真に写りづらい組み合わせ、残念。 粉。どこをどの角度から切り取っても粉。上唇と前歯の間に華麗に吸い込まれていく粉。
あとで気付いたことだけどそもそも白米だけで食べるのは結構しんどい。

美味しさ:☆☆☆☆

プロポトフ



語感を優先した結果、ハチミツの凄いヤツっぽくなってしまったが気にせず始めよう。
一人暮らしを始めてもう一ヶ月経つが、思い返してみれば最近野菜を全然食べていない。完全なる野菜不足だ。 なんかもう身体が「我、野菜欲ス」的なエマージェンシーを出していたので近所のスーパーにスクランブル発進。 たしか家に玉ねぎとニンジンがあったはずなので、ポトフでも作ろうとジャガイモを買って帰宅 すると玉ねぎからは自我が芽生えはじめ、ニンジンは黒死病を患うという予想外の素敵な事態に直面、 結果当初の「野菜を取る」という目的を完全に無視した肉じゃがが完成した。
くやしいのでいつもより多めにプロテイン投入。うまい。 味が濃いしもともとジャガイモのせいで粉っぽいのでプロテインの影響ゼロ。

黒ニンジンの写真を撮る勇気はなかったよ。

美味しさ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆





http://radiomountain.at-ninja.jp/