服装第一主義

TEXT

オナニーの超長期化とアメリカンドッグによる弊害


いや、もうさ、オナニーが止まらねえのなんのって

しかもこれが「元気すぎて一日に五回はヌいちゃいます!」とか「データによると一回のオナニーで放出された精子が補充されるまで約三日、しかし私は毎日ヌいてしまいます。クッ、私のデータは完璧なハズなのに!」 みたいなやつじゃなくて一回のオナニーに約3時間かかるってやつなのよ。

それもこれも全部冬の所為なんだけど、まずパソコン立ち上げてズボンとパンツ脱ぐでしょ、であぐらかくじゃん、そしたら太ももに当たる足が尋常じゃなく冷たいのよ。 もうモスクワかと。おれの足はモスクワか、そしてかかとはサンクトペテルブルクなのかと、どうなんだレニングラードなのかと問い詰めたくなるくらいに冷え切っていてあぐらをかくまでに10分くらい格闘するわけですよ。
そんでオカズを探しながらちょっとウォーミングアップがてらにチンポでもしごいてやるかと思うじゃん、そしたら手が尋常じゃなく冷たいのよ。 もうウラジオストクかと。おれの手はウラジオストクか、そしてアヌスはバイカル湖なのかと、どうなんだどんだけ深いんだと問い詰めたくなるくらいに冷え切っていてチンポコ握るまでにまた10分くらい格闘するわけですよ。

でまあここまで書いといてあれなんだけどはっきり言って冬の所為じゃない。ピクシブの所為なんだわ。

あいつら表向きは「ぼくら好きで絵とかかいてまーす」みたいな顔してっけど、本質はスカトロとかペドとかリョナとかダーク・ネクロフィアとかのニッチな性的嗜好の掃き溜めみたいな側面が強いじゃん。 これが本当に困ったもんでさ、普段エロビとか見てて「おい、なんでオイルマッサージ中にフェラ始まってんだよ。どう考えても『リンパの流れが〜』的な説明がつかないだろうが、噛み千切られろハゲ!」 とか「おい、なんで歯科治療に全身麻酔使ってんだよ。使ってもクチビルが2倍になった錯覚に襲われる麻酔が関の山だろうが。そこの女も歯茎に注射されて気失ってんじゃねーよ。」 みたいな不満を抱いた連中が画力とそれを発表する場所を手に入れちゃったもんだからもうはっきり言って最高なわけ。もう楽園だよ、失楽園だよ。

商品化したら絶対売れないようなネチネチとただひたすらに電マを当て続けるみたいなエロが、 強気な格闘家の女(でもそのせいで23年間恋愛経験ゼロ、別にそんなこと気にしてないケド・・・)が卑劣な罠にかかってリングの上でレイプショー! (あれ?力が出ない・・・きもち・・・イイッ!!でもこれはきっと媚薬のせい、きっと・・・だから普段ならこんなオトコ・・・ンンッ!!)みたいなエロスがそこにはある。 しかもそれが無尽蔵に湧いてくる、なんでも日に3万の作品投稿があるらしいしそらそうだ。

そんで人間ってのは欲深い生き物でさ、たくさんあればあるほどそれを全部手に入れたくなるんですよ。 こっちのクリトリスの裏側をいじって「あんっ!!・・・脳みそとけちゃう」ってなってるやつを見たらそっちのアナルビーズを「ムリッ、ムリッ」と一つづつ入れて「ズリュリュリュリュッ!!」と一気に引き抜くやつも見たくなるわけよ。
おいどうすんだ、友達も見てんだぞここ。

でそれらを一通り見終わってそろそろ寸止めも限界
「もう・・・いいでしょ?」
「なんのことだ?」
「なんでぇ・・・苦しい・・・あああ・・・お願いっ・・・ィか・・・て・・・」
「よく聞こえないな・・・」
「お願い!イかせてっ!!」
「いやダメだ。『私は一生ご主人様のチンポ奴隷になります』とでも言えばイかせてやるよ」
「・・・い、一生肉奴隷でいいからっ!ご主人様のチンポ奴隷になるからイかせてぇ!!」
「・・・まぁ合格だな」
みたいなマインドになったところでオナニー終了して時計見たら3時間経過よ。
どういうことだよこれ、友達も見てんだぞ。

でもさ、オナニーに3時間も要することはこの際どうでもいいよ。
本当に困るのはこのキャノンボールオナニーを終えた次の日、チンポがアメリカンドッグみたいに腫れ上がることなんですよ。

実はこのチンポがアメリカンドッグみたいに腫れ上がる現象は今回が初めてじゃなくて、 僕が中学一年生の時にいわゆる床オナから一般的なテレスコピック式オナニーにスタイルチェンジしたときに、 初めてのことだから要領が全くつかめずしかもマウス操作しながらだから利き手とは逆の左手でやってるもんだからどうにも力の入れ方がわからず なんとかしてオナニーを終えたときに発現したのが最初だったんでそこから取ってレフトハンドアメリカンドッグシンドローム(LAS)と呼んでいるんですけど LASが起こるととにかく大変なんです。

LASっての簡単に言うとチンポの皮のなかでたぶん内出血みたいなのが起こって腫れてるという状態なんで、チンポの皮のシワがなくなるんですよ。 そしてチンポの皮のフィンがなくなるということはすなわち皮のキャパがなくなるということなんでチンポの形状の自由度が下がるわけです。 しかも引き伸ばされた皮というのは通常時のチンポの長さを優に超えます。 これらのことを総合するとLASとは強制的包茎および勃起不可能な状態ということなんです。お分かりいただけましたでしょうか、この辛さ。

腫れが引くまでまず銭湯は無理、あとオナニーも無理。 それにおしっこするのにも不便なんですよ、皮がブヨブヨしてて持ちにくいし強制包茎状態なんでどこに飛ぶか分かったもんじゃない。

流石にこれが続くようじゃ日常生活に支障が出るので一旦pixivでオカズを探すことから離れようと思ったんです。 ただパソコンを開くと癖でpixivを開いちゃうんで封印して、かといって不条理なエロビではもう満足できなくなったこの身体どうしたものか。

しばし立ち止まって考えてみた、インターネット上になく、かつpixiv的なもの・・・そんなものあるのだろうか。


いや、ある。あまりにも単純すぎる答えで考えから外れていた。
そう、エロマンガだ。



-----------------------------



というわけでエロマンガを買ってきました。 近くの本屋で表紙とタイトルでビビッと来たやつをね。

いやぁ、エロマンガってやつもいいもんですな。チンポを擦りながら本をめくるのがちょっと大変ですがこれもまた趣がありますわ。 しかも適当に選んだにしては僕の趣味に完全にヒットです。これは良い買い物しましたわ。HA!HA!HA!



とページをめくっていると突然異変が起きた。
それは「最後にするから…」という話の中で起こったのだ。





















!?










!!!





!?!?











そんな・・・











まさか・・・











この作者は・・・










進撃の・・・









進撃の・・・









亜人だ。



http://radiomountain.at-ninja.jp/